拠点メンバー

 少子高齢化の時代において問題となる司法当事者全てに、生命力と創造性あふれる社会を提供するためには、司法が守るべきマジョリティ(高齢者)とマイノリティ(子ども)両者へ適切に対応した制度設計が必要です。

 本プロジェクトでは、どの様な社会モデルが適切であり形成されるべきかについて司法(法学・実務)を中心として心理学・政策科学・社会学・情報学・医学・社会福祉学といった各ディシプリンの協働を目指す「異分野結集による新学術領域の創成」を行っています。

​代表およびグループリーダー

若林宏輔
Kosuke WAKABAYASHI

拠点リーダー

立命館大学総合心理学部

​准教授

​心理学

森久智江
Chie MORIHISA
森久智江
Chie MORIHISA

グループ1 リーダー

グループ1 リーダー

立命館大学法学部

​教授

​犯罪学

稲葉光行
​Mitsuyuki INABA

​グループ2 リーダー

立命館大学政策科学部

​教授

​情報学

松本克美
​Katsumi MATSUMOTO

グループ3 リーダー

立命館大学法科大学院

​教授

​民法

拠点メンバー 

我藤 諭
​Satoshi Gato
金 成恩
Kim Sungeun
山崎優子
Yuko Yamasaki
山田早紀
Saki Yamada
 斧原 藍
Ai Onohara

大学院生 

中田友貴
Yuki Nakata
 佐藤伸彦
Nobuhiko Sato
 佐藤伸彦
Nobuhiko Sato
 ヨン・スビン

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。

メッセージを受信しました

 

email: cfcp.rits*gmai.com

*部分を@マークに変えてご利用下さい。

京都府京都市北区等持院北町56−1

立命館大学衣笠キャンパス

大阪府茨木市岩倉2−150

立命館大学大阪いばらきキャンパス