最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
特集記事

2017年4月24日第13回修復的司法セミナー


2017年4月24日立命館大学朱雀キャンパスにて、第13回修復的司法セミナーが開催されました。当日は第1グループの研究メンバーである脇中洋氏(大谷大学)による「司法面接を装った誘導的な取り調べ−または強いられた任意性」と題した報告が行われました。司法面接の可能性と限界について、脇中先生のこれまでの研究実績を踏まえた大変興味深いセミナーとなりました。報告後は、参加者全体で活発な質疑と応答がなされました。

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by R-GIRO第3期プログラム

「修復的司法観による少子高齢化社会に寄り添う法・社会システムの再構築」プロジェクト
 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page

大阪府茨木市岩倉2-150       立命館大学大阪いばらきキャンパス

京都府京都市北区等持院北町   立命館大学衣笠キャンパス

京都府京都市中京区朱雀町     ​立命館大学朱雀キャンパス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now