最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
特集記事

2017年10月9日第19回修復的司法セミナー


 2017年10月9日立命館大学朱雀キャンパスにて第19回修復的司法セミナーが開催されました。

 日本体育大学の南部さおり先生を講師にお招きし、「運動部活動中の事故の防止と被害の修復における被害者の個人責任の位置づけ」と題したご講演をしていただきました。公立学校での部活動中の死亡事故において、国家賠償法1条の規定や刑事訴追の困難さから、教師の個人責任が十分に問われないことで被害関係者の回復が困難となっていること、また今後そうした被害を生まないための指導者の育成など、幅広い観点から大変興味深いご報告をしていただきました。質疑応答では、心理学、民事法学、刑事法学の研究者、実務家、そして法科大学院生など様々な立場から意見交換がなされ、本グループのセミナーにふさわしい充実した内容となりました。

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by R-GIRO第3期プログラム

「修復的司法観による少子高齢化社会に寄り添う法・社会システムの再構築」プロジェクト
 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page

大阪府茨木市岩倉2-150       立命館大学大阪いばらきキャンパス

京都府京都市北区等持院北町   立命館大学衣笠キャンパス

京都府京都市中京区朱雀町     ​立命館大学朱雀キャンパス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now