最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
特集記事

日本法と心理学会第18回大会

 2017年10月14日から15日にかけて成城大学(東京)において日本法と心理学会第18回大会が開催され、本グループのメンバーは、口頭報告、ポスター発表、モーニングトークおよびワークショップなどに参加致しました。当日の様子は以下をご覧ください。

山田早紀(本グループ研究員)口頭報告「『取調べへの弁護人の立会い』の世界情勢と日本における運用可能性」*笹倉香奈甲南大学教授との共同報告

木谷明弁護士=若林宏輔(立命館大学准教授・本グループリーダー)「モーニングトーク〜法と心理学に期待する:刑事裁判の現場から〜」*若林准教授はポスター発表でも参加致しました。

山田早紀=山崎優子(本グループ専門研究員)=金成恩(本グループ専門研究員)=相澤育郎(本グループ専門研究員)ワークショップ「改革が進まない3つの課題と人権に対する市民意識-研究と教育のアプローチの可能性について-」*指定討論者として、二宮周平先生(立命館大学)と花本広志先生(獨協大学)からコメントを頂きました。

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by R-GIRO第3期プログラム

「修復的司法観による少子高齢化社会に寄り添う法・社会システムの再構築」プロジェクト
 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page

大阪府茨木市岩倉2-150       立命館大学大阪いばらきキャンパス

京都府京都市北区等持院北町   立命館大学衣笠キャンパス

京都府京都市中京区朱雀町     ​立命館大学朱雀キャンパス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now