最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
特集記事

2017年12月11日第21回修復的司法セミナー


 2017年12月11日立命館大学朱雀キャンパスにて、第21回修復的司法セミナーが開催されました。講師として梅澤彩先生(熊本大学)にお越しいただき、「生殖補助医療当事者の出自を知る権利と面会交流」と題した講演を行っていただきました。講義では、生殖補助医療と子の出自を知る権利に関して先進的な取り組みを行っているニュージーランドの法制度や実務、そして日本での立法化への展望などをお話しいただきました。ニュージーランドでは、同性カップルによる生殖補助医療の利用などが幅広く認められると同時に、子の福利を確保するための様々な取り組みが行われており、講義後には、出席者と梅澤先生とでそうした制度や実務について活発な質疑と応答がなされました。

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by R-GIRO第3期プログラム

「修復的司法観による少子高齢化社会に寄り添う法・社会システムの再構築」プロジェクト
 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page

大阪府茨木市岩倉2-150       立命館大学大阪いばらきキャンパス

京都府京都市北区等持院北町   立命館大学衣笠キャンパス

京都府京都市中京区朱雀町     ​立命館大学朱雀キャンパス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now