最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
特集記事

2018年7月2日第31回修復的司法セミナー


 第31回修復的司法セミナーは、斧原藍氏(R-GIRO補助研究員・臨床心理士)より、「Person Centered Approachをオリエンテーションとする心理士のセラピー」と題した報告が行われました。セミナーでは、いわゆる第3勢力と呼ばれる人間性心理学の歴史と理論から、実際のPerson Centeredセラピーの場面まで、多岐にわたる充実した内容の報告がなされました。特定の問題行動を解決することを直接の目的とせず、本人の潜在的な成長資源と回復能力の発揮に重きをおくこの手法は、本グループの求める人の回復や関係性の修復という考え方に多くの示唆を与えてくれるように思われました。報告後も、斧原氏の実践への取り組みや今後予定されているトラウマケアについて参加者から関心が寄せられ、活発な質疑応答が行われました。

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by R-GIRO第3期プログラム

「修復的司法観による少子高齢化社会に寄り添う法・社会システムの再構築」プロジェクト
 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page

大阪府茨木市岩倉2-150       立命館大学大阪いばらきキャンパス

京都府京都市北区等持院北町   立命館大学衣笠キャンパス

京都府京都市中京区朱雀町     ​立命館大学朱雀キャンパス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now