最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
特集記事

2020年1月20日第54回修復的司法セミナー


 2020年1月20日17時より本学朱雀キャンパスにて,岩田 務氏(福岡県弁護士会・弁護士)による,「飯塚事件の『科学的』証拠群と再審の審理」と題した講演会を行いました。

 飯塚事件は,1992(平成4)年2月20日に福岡県・飯塚市で発生した女児らに対する殺人事件です。本件で有罪とされた男性の死刑は執行されていますが,有罪を認定した証拠にはその「科学性」について疑問があり,現在も再審請求中です。今回のセミナーでは本件の再審弁護団の岩田氏より証拠となった目撃証言,繊維・DNA型・血液型の鑑定の問題点について報告されました。証言や鑑定では,多くの誘導の可能性や技術的な問題など,その「科学性」について多くの疑問点があることなど示されました。

 講演後は,目撃証言の鑑定や繊維鑑定などの現状に関する多角的な議論が行われました。

ソーシャルメディア
まだタグはありません。
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by R-GIRO第3期プログラム

「修復的司法観による少子高齢化社会に寄り添う法・社会システムの再構築」プロジェクト
 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page

大阪府茨木市岩倉2-150       立命館大学大阪いばらきキャンパス

京都府京都市北区等持院北町   立命館大学衣笠キャンパス

京都府京都市中京区朱雀町     ​立命館大学朱雀キャンパス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now